Change or die

2015-02-10 リリース

新規に施設を増設したものの、肝心のスタッフが集まらない

そんなことは、数年前からわかっていたハズなのに…。

私は、グッドコミュニケーションの開業以来、ずっと訴えてきました。

「何らかの形で、スタッフの心のケアと処遇改善に取り組まないと

大変なことになりますよ」

 

快適職場の風土づくりや人間関係の改善には時間がかかります。

一回の研修やグループカウンセリング、職場ヒアリングで、

職場を劇的に改善することなど不可能です。(究極の目標ではありますが…)

そこで、日々どんなことから始めれば、改善に向かうのかといったことを

快適職場づくり研修等を通して、具体的に提案してきました。

このコラムでもいろいろ紹介してきました。

ご覧いただければ分かりますが、技術的に難しいものなど一つもありません。

やる気になれば、すぐに取り組めることばかりです。

でも、行動の実践と継続が難しいんですよね。

 

小さな事の積み重ねと継続が、大きな変化となり、

他の追従を許さない絶対差を生み出すのです。

何もしない限り何も起きません。

いや、何も起きないどころか、下りのエスカレーターに乗っているようなもので、

ゆっくりと確実に組織は後退していくのです。

 

個人も組織も基本的に変化することを怖れます。

あなた自身の心の中にも、そして組織の中にも抵抗はあるでしょう。

でも、変わらなければ存続できないのです。

組織が変わることを決断し、具体的方策を実行できるのは、組織のトップだけです。

Change or die  変革か死か (ドラッカー)

もうそろそろ、本気で考えてみませんか?

 

Copyright© 2019 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.