1200年という好機

2014-04-27 リリース

100年に1度の好機に恵まれ、あるプロジェクトを進行中です。

そのプロジェクトとは「四国八十八ヶ所参り」です。

実は、2014年の今年は、四国霊場開創1200年の節目の年なのです。

繰り返しますが、1200年の記念すべき年なのです。

→四国霊場開創1200年についてはこちら

 

スゴイ事だとは思われませんでしょうか?1200年ですよ!

私はこの節目という言葉に弱いのです。

行動意欲をかきたてられるのです(笑)

最近では、愛媛マラソン50回大会然り、式年遷宮然り…

それで、今回も、車遍路ではありますが、八十八ヶ所参りを始めてしまいました!

まだ2日しか回っていませんが、27番まで来ました。

 

そんな中、目標を明確に立てて、行動することの意義を体感してます。

八十八ヶ所を今年中に参拝するという目標を立てました。

クリアした数は、達成感が味わえます。

忙しくても充実感が味わえます。

自己肯定感も高まります。

 

私は、目的地だけ決めて走るようなドライブが好きではありません。

でも、こうして八十八ヶ所参拝という目標を立てるだけで、意味を持つ行動へ姿を変えるのです。

仕事でも同じ事がいえるのかなと思います。

先が見えず淡々と、作業をこなしていくだけなら、達成感、充実感、自己肯定感などのポジティブな感情が湧き上がってきません。

逆に、疲労感、無力感、マンネリ感など、ネガティブな感情ばかりが残ってしまうことでしょう。

目標を持って、事を始めること、シンプルですが大切な事ですね。

 

 

Copyright© 2019 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.