稼働率を上げる方法

2015-06-15 リリース

どの事業所にとっても、稼働率を上げることは大きな課題です。

特に集中減算の対象となる介護サービスに関しては、

利用者の確保に、本気で取り組まないと大変なことになります。

 

利用者を確保するのに、スタッフの教育を含めたサービスの質を高めることが

大事であるとよくいわれます。もちろん、それは大切な事です。

しかし、あなたの事業所が、どんなに優れたサービスを提供していても、

あなたの事業所を知らなければ、利用者は集まらないのです。

この当たり前の事実に気づいていない事業所が多いのです。

今回は、あなたの事業所を多くの人に知ってもらう方法を紹介します。

 

まず1つめは、ホームページを作ることです。

24時間文句も言わず、事業所の広報をしてくれるホームページです!

あなた自身が、その会社を調べようとするとき、ネットで検索しませんか?

自分がしているのなら、他の人もやっているのです。

このような施設で、このようなスタッフが、このような理念でサービスを提供しています!

と、最初はシンプルな構成でいいので、まずは立ち上げることです。

そして、立ち上げたら、内容を更新していくことが非常に大切です。

更新しないのなら、やらない方がましです。覚悟を決めて始めて下さい。

日々の稼働の様子や、スタッフの想いなど、積極的にどんどん発信していきましょう!

ネット利用が身近になった現在、ホームページの作成費用も維持費用も微々たるものです。

ホームページは利用者確保のみならず、人材確保にもつながります。

やらない手はありません。

 

介護事業所の管理者研修などでも、よく情報発信の話をするのですが、

反応できる事業所は、本当に少ないですね。

実行に移せるのは、やはり1割から2割の間ってところでしょうか。

結局、この行動の差が、すべての差に繋がっているように思います。

次回に続きます。

Copyright© 2019 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.