稼働率を上げる方法2

2015-06-22 リリース

稼働率を上げる方法の2つめは、

居宅介護支援事業所を訪ねること。

何度も言いますが、どんなに優れたサービスを提供していても

あなたの事業所をケアマネさんが知らなければ、利用者に紹介することはないのです。

 

私も居宅介護支援事業所にいて、営業を受ける側だったことがあるので、

よくわかるのですが、

デイサービス、グループホーム、小規模多機能など、

新設時は殆どの事業所の経営者やスタッフが、チラシをもって、

新しくオープンしましたということを、知らせに来てくれます。

でも、これだけなんですよね。

初回あいさつから、2回、3回と定期的にアプローチしてくる事業所はほぼ皆無です。

 

この皆無というのがポイントです。

殆どの事業所が初回しかアプローチしてこない中で、

2回、3回とアプローチしてくる事業所は必ずケアマネさんの印象に残るのです。

もちろん、3回営業に来てくれたから、一度利用者に紹介してみましょうという単純な話ではありません。

でも、記憶に残れば、紹介される確率が上がりますし、

何より、営業担当者に情も入りやすくなってくるのです。

ですから、提供するサービスの質はもちろん、営業担当者は、愛嬌のある人がいいですね(笑)。

 

それから、実際に居宅介護支援事業所を訪ねて、お目当てのケアマネさんがいなくても、

必ず、訪問の証としてチラシと共に名刺を置いていくことも、重要な営業戦術です。

泥臭いやり方かもしれませんが、顔を出し続けること、

とにかく、事業所の存在を、ケアマネさんにアピールし続けていくことです。

Copyright© 2019 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.