看護師が殺到する病院

2015-04-27 リリース

医療・介護系の人材不足が深刻なこの状況で

全国から看護師が殺到する病院があるといいます。

それは、鳥取大学医学部付属病院!

 

病院敷地内に100人の子供を預かることができる保育所完備!

それも24時間、病児保育も可能、当然ながら病院の先生が診てくれます!

保育料は月25,800円、しかも、1人親なら半額を病院側が支援してくれます!

そして、子育てママ最大の課題、「小1の壁」に対しても、

夜勤や救急対応をする看護師を支援するため、

夜間の学童保育ができるように制度を拡充しようとしていました!

また、お弁当の宅配が職場に来てくれて、これが1食290円。

おまけに、家族の分まで注文できます!

 

職場の勤務時間等も、様々な工夫がこらされている事と思いますが、

大切なことは、

今現在、人材確保が非常に難しく、そして今後益々困難になることが、

わかりきっているのであれば、

ハード面にせよ、ソフト面にせよ、

今できることは出し惜しみなく、全力でやるという姿勢だと思うのです。

人材を確保するための圧倒的な差別化です。

 

鳥取大学医学部付属病院では、

「特に子育て中の女性だけを優遇しているのではなく、

男女共に働きやすい職場をつくることで、人材が集まってくる」

という明確な戦略の下で、病院経営を行っています。

我が愛媛県にも、全国から介護士や看護師が殺到する施設が必要です。

新しい施設を建設する前に、

介護士、看護師がいなければ、仕事にならないということを、

もう一度、よく考えてみる必要があるのではないでしょうか。

Copyright© 2019 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.