時間が足りない

2021-06-30 リリース

 

時間の天引き

経営者、管理者は、日々時間との戦いですね。

時間は人間に与えられた一番平等な宝物とも言われます。

どんなに忙しい人も、どんなに暇な人も、平等に1日24時間なのです。

ですから、うまく使っていくしかないのです。

時間に追われるのではなく、いかに時間を乗りこなすかですね。

まず、誰でもすぐにできる時間活用術として、

「時間の天引き」

とりあえず

1週間先の「11時から12時に○○をする」とスケジュールに組み込むのです。

これで、緊急ではないが、いずれ直面する重要な仕事をする時間が確保できます。

例えば、

事業継続計画を1ページ作成する!記録のIT化の具体策を考える!リーダー職3名と面談するなどなど。

そして、

何があってもその時間は死守してください。

他の予定を入れてはいけません。

それをやると、また時間に追われることになってしまいます。

 

今日やることをリスト化

次は、「今日やることのリスト化」です。

これは手書きすることをおすすめします。

スケジュール帳でもいいですし、A4用紙1枚でも大丈夫です。

時間管理ができている方は、前日から今日やることのリスト化ができているかもしれません。

でも、私が提案するリスト化とは、

スケジュール化されていない、小さい仕事も全て書き出すということなのです。

思いついた仕事も、とにかく書き出して、まずリスト化し、優先順位をつけて取り組みます。

そして、終わった仕事は、線を引くなどして、リストから消していきます。

この些細な作業が気持ちいいのです!

消したリストが多いほど楽しくなりますよ。

原則としてリスト以外の仕事はしないのですが、

緊急な仕事、例えばクレーム対応などが入れば、書き出してから対応しましょう。

そして、終わったら、また本来のリストの仕事に戻ります。

こうして、1日かけてリストの仕事を全て完了させます。

バタバタの1日であったとしても、線が引かれた仕事リストを眺めれば、

充実感や達成感が味わえることでしょう。

どうしても残ってしまった仕事については、明日の朝一番に処理しましょう。

 

「時間の天引き」と「今日やることのリスト化」たった2つのことですが、

1週間、1ヶ月と地道に続けていくうちに、その大きな効果にきっと驚かれるはずです。

早速今日から始めてみてください。

 

Copyright© 2021 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.