大変ですねぇ

2014-04-06 リリース

会話の中でよく耳にする言葉として

「大変ですねぇ」「大変でしたねぇ」というのがあります。

相手の人が、しんどい、苦しい、辛い思いをあなたに訴えている、

そんな場面の受け答えに使われます。

 

短い言葉でありながら、相手に対する気遣いも感じさせるため、

便利であり、使用回数が多くなるのもうなずけます。

殆ど口癖のようになっているといったほうがいいかもしれません(笑)

世間話のレベルでしたら、その受け答えでも大丈夫でしょうが、

深刻な状況であるほど、この「大変ですねぇ」という受け答えは

相手には冷たく聞こえてしまいます。

「どうせ、あなたにとっては他人事だよね」と。

 

こういった場合は、

「急にそんな重大な仕事が入ってしんどいんやね」

「最近ほとんど眠れてないから辛いんよね」

のように、相手から聞いた「具体的な状況」と、想像される相手の「気持ち」を伝え返してみましょう。

そうすると、相手は自分の「大変な」状況を、あなたが理解してくれたんだ、と嬉しくなります。

 

「大変ですねぇ」と言いたくなった時は、このことを思い出して下さい。

ちょっとした受け答えの違いで、コミュニケーションはぐっと深まるのです。

Copyright© 2019 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.