報連相

2015-06-08 リリース

新卒で配属されたスタッフ対象のマナー研修。

どこの企業でも、比較的メジャーな研修としてよく行われていますね。

その中に、必ず含まれるであろう「報連相」

まだ、このコラムで扱っていなかったようですので、

取り上げてみたいと思います。

 

報連相も、捉え方によって様々な解釈がありますが、

ここでは、基本的内容には、あえて触れず

コミュニケーションと時間軸の面から考えてみましょう。

 

「報告」とは、義務であり、

事故やクレームは最優先で、過去から現在までの状況や情報が対象であり、

結論から伝えることがポイントになります。

 

「連絡」とは、周囲への配慮であり、

現在から未来までの情報が対象で、伝わったか再確認したり、

伝達漏れがなく、チーム内で情報共有できることがポイントになります。

 

「相談」とは、解決を目的とし、

相談をする側、受ける側、共に成長する機会にする必要があります。

特に相談する側は、自分なりの考えや判断を持った上で相談することが重要です。

相談対象の時間軸は、過去や未来を行き来しますが、

一段落したら、必ず「今ここ」に立ち返り

課題への、具体的行動を決めることがポイントになります。

 

報連相は、チームワークで業務を進めていく上で、

欠かすことのできないものですが、

一番大事なのは、お互いの基本的信頼関係です。

どんな小さいことでも「報連相できる」

より良い人間関係づくりを心がけて下さい。

Copyright© 2019 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.