介護業界は休業も無く安全な職場です

2020-03-17 リリース

コロナウイルスの影響は、予想以上に広がっていますね。

政府も、ようやく水際対策に本腰を入れ、学校を休校にするなど、

今やれることは思い切ってやるという姿勢が遅ればせながらも見えてきたのは良いことだと思います。

何でもそうですが、無責任に批判することは誰でもできます。

批判することに時間をかけても何の意味もありません。

過去は変えようがないのですから、反省すべきは反省し、

今できることを精一杯やっていくしかありません。

 

さて、コロナウイルスの影響として、

生活の源である仕事を休まなければならないという状況が問題になっていますね。

休業補償という対策もあるようですが、全ての仕事をカバーすることなど不可能です。

今回のようにコロナウイルスが原因の休業といった状況は防ぎようがありません。

飲食業界、量販店で働く人、スポーツや音楽等のイベントに関わる全ての人、

観光業界、バスや鉄道など運送関連の人など、人が関わる多くの職種では、

ニュース等で報道されているように、

仕事量が激減することで、

本来得られるハズだった収入が激減してしまうんですよね。

膨大な数の働く人が影響を受けていると思います。

生活に直結するだけに、そのダメージは計り知れませんよね。

かくいう私自身も、3月に予定されていた集合型研修は軒並み中止や延期となり、

大きなダメージを受けています(泣)

 

翻って、介護業界で仕事をされている皆さんはどうでしょうか?

有り難いことに、休業になることなどありませんね。

世の中の多くの人が、仕事ができなくて困っている中で、仕事ができることに感謝ですよ。

休校で、子育て中のママさん職員の勤務に影響が出て、

人員不足の職場がさらに多忙になっているかもしれませんが、

仕事が無いことから比べてみたらどうですか?

そんなこと言ってられないと思うんですよね。

大変な時だからこそ、みんなで協力して乗り越えていきましょう。

 

そして、皆さん自身もコロナウイルスは怖いと思うのですが、

施設内は感染予防が徹底しており、施設外部から入ってくる皆さんが気をつけていれば

職場で自分が感染する可能性も限りなく低いわけです。

このことに関しては、普通の職場とは比較にならない程安全だと思いますし、

また安全な職場でなければいけません。

感染予防の情報も、一般の人に比べてはるかに多く入っていることでしょう。

最善を尽くして利用者を感染から守るという日々の仕事や配慮が、

そのまま自分を守る、そして家族を守る事にもなるのです。

コロナウイルスの収束は、まだ先が見えません。

どうしてもネガティブな気持ちになりがちですが、

介護に携わっている皆さんは、

そんな中でも仕事ができるということに、目を向けて、

感謝しながら笑顔を忘れず、日々のお仕事に取り組んでみませんか。

Copyright© 2020 (株)グッドコミュニケーション|愛媛県松山市の産業カウンセラー All Rights Reserved.